シルクスクリーンのカレンダー5

1版目(1色目)が刷りあがりました。すでに完成度が高くてワクワクしています。デザインがちゃんと考えられていて、絵になってます。印刷も上手で驚きました。次の版も頑張りましょう〜!
…とその前に「落版」ですね。スクリーンをもう一度使うためには乳剤を落とす「落版」という作業を行わないといけません。アルコールを塗布してひたすら手で拭き取る。根気のいる作業です。みんな、刷りは楽し、落版は大変(笑)で嘆いてましたが、クリエイティブな作業の裏のこういう地味〜な作業も大事!と思いますよ。1版目 印刷、製版、落版の様子(日曜午後クラス)

シルクスクリーンのカレンダー4

シルクスクリーンによるカレンダー。版も完成して、いよいよ一版目の刷りの作業に入る子もちらほら出てきました。
版画で「刷り」といったら、バレンで刷る木版がパッと頭に浮かぶかもしれませんが、今回のシルクスクリーンではスキージという道具を使ってスクリーンにインクを通過させる形で印刷します。
裏ごしのような、世代によってはプリントゴッコと聞いたら分かる方もいるかもしれません(笑)。なかなか刷りの光景は忙しくて撮影できていませんが、みんな初めての経験に苦労しながらも、うまくいってます。

*ちなみに「版」とは〜木版の場合は彫った木の板、今回のシルクスクリーンの場合は乳剤を塗ったスクリーン、など版画で紙に刷る途中経過のものを「版」と言います。

シルクスクリーンのカレンダー3

シルクスクリーン三週目。版の作成に入ってきています。
シルクスクリーンに限らず、木版や銅版画でもそうですが、版画は絵や彫刻と比べて手順が多い点が大変です。一方、色数など制約がある中の表現は難しくもあり醍醐味とも言えます。
ほとんどの子にとって初めての体験ですので、現場はみんな大変💦ですが、それぞれ個性的でクオリティの高いデザインを生み出していっています。わくわく。
シルクスクリーン3週目(土曜午前クラス)シルクスクリーン3週目(土曜午後クラス)シルクスクリーン3週目(日曜午前クラス)シルクスクリーン3週目(日曜午後クラス)

シルクスクリーンのカレンダー2

シルクスクリーン2週目です。
デザインが決まった人から、色の配色を色鉛筆で何パターンも塗ってみて決めていきます(一枚目が講師作例)。
版画には単色刷りと多色刷りがあり、今回は2版で刷る多色刷りです。使えるインクの色は2色ですが、実際にはその2色を重ねた際にできる暗い色と、用紙の「白」も合わせた計4色で構成を考えます。絵柄は同じでも配色によって大きく印象は変わります。しかも組み合わせは無限。。みんな頭を悩ませながら、作例よりたくさんのパターンを考えてました。頑張って〜!
シルクスクリーン(配色を考える/下絵)シルクスクリーンのカレンダー2週目(日曜午前クラス)

石彫完成/木彫時計完成!

抽象石彫、木彫レリーフ時計ともに完成しました!どうぞ拡大してご覧ください。
石彫は抽象彫刻ですので、「何か」を彫ったわけではありません。人の指のようだったり、布のようだったり、生き物っぽかったりといろいろ想起させますが、あくまで抽象的な「かたち」です。思った以上に根気がいる作業でしたが、みんなよく頑張りました。
木彫レリーフは工作と、絵の両方の感覚を使う作品でした。みんな完成度が高いですね。それぞれ個性的で素敵な時計が出来ました。お部屋に飾ってずっと使ってあげてください。
さて、来週からは早くも年末恒例のカレンダーです!頑張りましょう。
抽象石彫(中1)抽象石彫(左/小5、右/中1)抽象石彫(小6)木彫レリーフ時計完成(小4〜5)木彫レリーフ時計完成(小3〜4)木彫レリーフ時計完成(小3〜4)木彫レリーフ時計完成(小3〜4)木彫レリーフ時計完成(小3〜4)

石彫2/木彫時計2

木彫レリーフに取り組むクラスは、下絵を板にカーボン紙で写し、線を「三角刀」で彫り込む作業を行っています。その作業が終わった子から、次は「切り出し刀」でさらに輪郭線の溝を深くしていきます。
石彫はデザインを決定し、油粘土のマケットを作った後、前後左右上下の図におこし、石にカーボン紙で各面にトレース。そして早速棒ヤスリで削っていきます。中に埋もれている形を彫り出すイメージで、まずは大まかな形を削り出していきます。

どちらも掘ったり削ったりの引き算で作っていく彫刻ですので、やりすぎたら後戻りできません。計画的に進めていきましょう。
木彫時計(土曜午前クラス)木彫時計(土曜午後クラス)木彫時計(土曜午後クラス)石彫(日曜午前クラス)木彫時計(日曜午後クラス)

グラデーションの絵(完)

今週はたくさん完成作品ができました〜。グラデーションの作品は1月からずっと頑張って描いてきたので達成感もひとしおでしょう。作品も華やかで素敵ですね!この課題で得た色の知識と経験を、他の作品でも思い出して活かせるといいですね。
日曜午前クラスの靴のデッサンも仕上がりました。靴の中が空洞になっていて履ける感じ、地面との接地面、少し上から見る目線の高さ、みんなそれぞれ良く観察して描けています。
グラデーションの絵(小5)グラデーションの絵(小5)グラデーションの絵(小4)グラデーションの絵(小4)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小3)グラデーションの絵(小5)靴のデッサン(小5)靴のデッサン(小4)靴のデッサン(小6)靴のデッサン(小6)

グラデーションの絵(5)

グラデーションの絵の5週目です。壁を明度のグラデーションで塗ったら、背景を明度・色相自由でグラデーションで塗り(斜め方向や複数の色のグラデーションに挑戦するのも可)、最後にメインの屋上の文字部分を色相のグラデーションで塗ります。
そこまで出来たらあとは窓や小物といったディテールを自由に描き込んで仕上げです。
だいぶ進みました。気持ちを切らさずに頑張りましょう!

参考